一族存続のため政略結婚することになったいちか。相手方の家には古いしきたりがあり、結婚前の一週間を当主と二人きりで過ごすというものだった。「しきたりとは名ばかりでスケベな義父に抱かれるのが私の役目ね…」と、彼女は覚悟を決めていた。しかし義父の要望はその想像を超えるものだった。縄、蝋燭、そして度重なる辱め…、繰り返される調教に心も身体も開発されていき、次第にいちかは…。
おすすめ関連調教作品
WEB SERVICE BY FANZA